太田市でむち打ちなどの交通事故症状を改善したいなら当接骨院へ!

宝泉はりきゅう接骨院


むちうち症

むちうち症とは?

車社会の現代、自動車の増加・ドライバーの増加に伴い、自動車事故の発生件数も確実に増加してきています。自動車事故の際に起こる外傷のうち、相当数を『むちうち症』が占めています。
では、むちうち症とは、どの様な原因でどの様な症状がでるのでしょうか?
むちうち症は交通事故の後遺症の中でも、かなりの高確率で発生しています。シートベルト着用義務化でなかった昔は、衝突した勢いで身体ごと前方に投げ出され顔面、鎖骨、肋骨、胸骨などの骨折・打撲や膝蓋骨の骨折、ダッシュボード骨折(股関節脱臼骨折)などの重篤な怪我になる事も多かったようですが、シートベルト着用義務化になって、身体が前方に投げ出される事は減り骨折などの外傷は減った一方、身体が座席に固定されることにより、頭が大きく前後に振られる事が必ずと言っていいほど起こり、首に大きな外力が加わり『むちうち症』がかなりの確率で発生するようになってきたのです。
むちうち症は正式には、『頚部外傷性症候群』と呼ばれます。外傷の原因が交通事故による、首から上が前後に振られる事によって起こる為、専門家・研究者の中では『頚部加速減速症候群』とも呼ばれています。
むちうち症の症状は交通事故の状況や、損傷の度合いによって、症状の出方や治療期間にかなりの個人差がでます。
治療の経過が思わしくなく、慢性化してしまう事もあります。
また、むちうち症は交通事故受傷後に必ず、すぐに症状が出るわけではありません。受傷後、数週間から数か月後に強い症状が出現する事も珍しくありません。
したがって、交通事故に遭って、我慢できるからとか、痛みが出てないからと言って、そのまま放っておかないで、医療機関を受診し、むちうち症の存在の有無を確認する事が大切です。

DSC_1.jpgむちうち症はレントゲンでは分かりません‼

交通事故に遭って医療機関(整形外科)を受診した場合まず、痛みがある所のレントゲン写真を撮ります。
レントゲンは、骨折などの重篤な損傷を観察する為にとても大切な検査です。
ですが、むちうち症は、軟部組織(筋肉、靭帯、関節)の損傷ですので、レントゲンでは、損傷がうつしだされないのです。
医療機関で、レントゲンを撮影し異常なしと言われても、患者さんが痛みや辛さを感じるのが『むちうち症』の特徴です。
この場合、整形外科では、痛みどめの内服薬か湿布薬を処方されて様子をみて下さいと言われるか、親切な所で、牽引や電気をあてる治療をやってくれる場合もあるようです
※当院に受診される交通事故患者さんの声で多く聞かれる事です。
私も『むちうち症』経験者です。痛みや辛さも経験しておりますし、良い治療、悪い(不親切な対応)も経験しています。
だからこそ言いたいのです‼

『そんなに痛くないから大丈夫』

『痛いけどレントゲンでは異常がないから』

こう言った考えはとても危険です。この様に、痛みを放っておいたり、少しすれば治るだろう。と言った安易な自己判断をしてしまい、適切な検査や適切な治療を受けないでいると
『昔、事故に遭って痛みが出なかったから治療をあまり受けなかったけど今になってかなり首や肩に痛みが出て辛い』
などといった事をおっしゃる患者さんも、かなりいます。

当院には、1日にかなりの人数の『むちうち症』患者さんが来院されます。多くのむちうち患者さんは、もともとの当院の患者さんの紹介で来院される方が多いです。『むちうち症』は経験者しかわからない辛さがあるのです。
他人には分からない痛み・辛さをわかる当院の治療に、
『こんなに痛みや辛さを分かってもらえて嬉しい』
『こんなに丁寧に治療をしてもらえるとは思わなかった』
と言った、言葉を頂いてきました。

『丁寧な治療』

これこそが宝泉はりきゅう接骨院がむちうち症患者さんに選ばれる理由であると思います。これからも、数多くのむち打ち症患者さまを治療してきた実績と臨床データを基に、むちうち症のスペシャリストとして活動していきたいと思います。

宝泉はりきゅう接骨院のご案内

住      所:
373-0042
群馬県太田市宝町739-1
アクセス:
東武伊勢崎線 細谷駅から車で5分 
お問い合わせ・ご予約
0276-31-5051
受付時間:
【平日】
8:00~12:00
14:00~21:00

【土曜日】
8:00~13:00
定休日:
土曜日午後、日曜日、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ