太田市でむち打ちなどの交通事故症状を改善したいなら当接骨院へ!

宝泉はりきゅう接骨院


むち打ち症

『むち打ち症(損傷)』とは、主に、自動車事故による、追突・衝突・急停車などによって首が鞭(むち)の様にしなって起こる症状の総称です。むち打ち症の正式名は『頚部捻挫』『頚部挫傷』『外傷性頚部症候群』などと呼ばれます。
多くの場合、以下の様に分類されます。

1.頚椎捻挫型

頚椎(首の骨)の周辺の筋肉や靭帯などの軟部組織の損傷。椎間関節が追突の衝撃で、鞭の様な動きをして、関節内の滑膜ヒダを挟み込んでしまい、滑膜組織、関節周辺に炎症がおき、首や肩の痛み、凝り、不快感、首や肩の運動制限などがでます。
むち打ち症全体の70%~80%を占めます。

2.神経根症状型

頚椎の並びに歪みが出来ると、脊髄から出てくる神経を圧迫し、首の痛みだけでなく、腕の痛みやシビレ、だるさ、後頭部や顔面の痛みも出てきます。これらの症状は咳やくしゃみ、首を横に曲げたり、回したり、片方に倒したりすると痛みが強く現れます。

3.バレ・リュウ症候群(後部交感神経症候群)

諸説言われておりますが、頚椎に沿ってはしっている椎骨動脈の血流低下などが原因で、活動(興奮作用)に関わる、交感神経の過緊張により、強い頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り、動悸・全身倦怠感など、様々な症状が現れます。

4.脊髄症状型

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついてしまい、下肢のシビレ・知覚障害がおこり、ひどい場合、歩行障害が現れるようになります。また、膀胱直腸障害といって、尿や便が出にくくなると言った症状もでる場合もあります。

5.脳脊髄液減少症

脳脊髄液が減る事により頭痛、首の痛み、めまい、耳鳴り、視機能障害、全身倦怠感などの様々な症状を呈する疾患。
慢性的に症状が持続する為、仕事や学校生活、更には日常生活にまで支障をきたし就労不能や不登校になってしまう事もあります。
交通事故によるむち打ちと似たような症状を呈し、当院でも、むち打ちの治療を進めていくうちに症状の改善が、ほとんど見られない様な場合は、この疾患を疑い、しかるべき医療機関に紹介させて頂き、専門的な検査と治療を行っていきます。
脳脊髄液減少症の詳しい説明はこちら→脳脊髄減少症

宝泉はりきゅう接骨院のご案内

住      所:
373-0042
群馬県太田市宝町739-1
アクセス:
東武伊勢崎線 細谷駅から車で5分 
お問い合わせ・ご予約
0276-31-5051
受付時間:
【平日】
8:00~12:00
14:00~21:00

【土曜日】
8:00~13:00
定休日:
土曜日午後、日曜日、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ